時計の仕組み【その1】

時計の仕組み【その1】

時計と一言で言っても、いろいろな、仕組みで動いているのはご存知でしょうか。

ここでは、いくつかの時計の仕組みを紹介します。

「時計は語るもの」という人もいるくらいで、時計に詳しくなるのであれば、時計の仕組みや、薀蓄は知っておくのがよいでしょう。

機械式時計

ゼンマイを動力として動作する時計です。

精度はやや劣りますが、手造りならではの手間と物語性があり、高級なイメージを生みだしており、高級時計は、この機械式であることが多く名門ブランドでも未だ採用している方式です。

手巻き式時計

リューズを巻くことでゼンマイを巻き上げ動作させる昔ながらの仕組みです。

必ずゼンマイを巻く必要があるため、手間のかかる時計の仕組みです。

自動巻き(オートマチック)

時計の中のローターが動き、時計を腕に装着している際にもその動きに応じてゼンマイを巻き上げ、動作する仕組みです。その為、腕の動きが少ない場合はゼンマイの巻き不足となり、正しく動作しなかったり精度が乱れたりします。専用の時計台もあり、普段使用しないときは、ゼンマイを巻くためにその台に置いておくなどのケアが必要です。

ほかにも時計の駆動仕組みがあり、別ページでも紹介します。