時計のメンテナンス

時計のメンテナンスって必要?

こんな質問を耳にすることがありますが、時計のメンテナンスは、少なからず必要です。もちろん、駆動方式によって、メンテナンスの方法や頻度は異なりますが、ここでは、高級時計に多い、機械式時計について説明してみましょう。

まず前提として、機械式時計の性能は永久に保たれるわけではないという点です。

購入の際にデザインばかりでなくムーブメントの性能や機能も気にして購入されることも多いのですが、まずに重要なのは精度という点もあります。

時計の性能は、使っているうちに経年変化が生じるものです。

機械式ムーブメントの場合、最初のうちは性能が安定しないこともあり、こまめにチェックすることが必要です。金属部品がたくさんあるので、使用しているうちに生じる摩耗、油の劣化や汚れなどもケア、メンテナンスする必要が出てきます。

数年に1度オーバーホールと呼ばれるメンテナンスが必要となりますが、維持費もかかることは事前に頭に入れておきましょう。

もちろん、外側のケースについてもきれいにしてあげることで長く時計を使用することができるはずです。

メンテナンスを受けるなら問題ないのですが、実際は、調子が悪くなったり、故障してからアフターサービスセンターに持ち込まれるケースが多く、金銭的な問題なのか、あまりメンテナンスを行っていないひともおり、積極的にメンテナンスを行うことを推奨します。

自発的にメンテナンスを受けることで、より精密機器として活用することができるのです。